荷物や距離でどのくらい引越し費用が変わる?

12月 12th, 2014  / Author: gomahikkoshi034

引越しをする際に重要だと思うことは、自身の荷物や距離によりどれくらいの費用が
相場であることを把握し、より安く・より安全に迅速に行うことが大切といえるでしょう。
ネットで一括見積を依頼することが可能であります。

優良企業に一度で多くに依頼が可能であり、的確な価格・相場を知ることが可能です。
より無駄なお金を使うリスクを低くする役割とともに、サービスの向上と割引を促す要素ともなることでしょう。
競合相手がいることで、企業どおしが価格競争をしより価格が下がるといったことでございます。

サービスがよいにも関わらず、価格が割安となればそれは大変うれしいことでしょう。
他に価格を下げるためには、行う日取りの選択も重要といえるでしょう。
引越しのシーズンというものはあり、それをさけることで価格を下げることが可能でしょう。
急ぎの場合は仕方がありませんが、できる限りより引越しの多い時期は避けることをお勧めとします。

荷物も不要とするものは、事前に減らすといったことも行いましょう。
荷物が多いとなれば価格も自然と高くなることでしょう。
一年間・数年間の中で使用したのか、しなかったのか等を考え一度も使用としなかったものは、
自身にとって不要なものであり、それは不用品として処分としましょう。

状態が綺麗で売れそうなものであれば、リサイクル店を利用し売買とすることもよいでしょう。
そしてそのお金を引越しの費用とするのもよいでしょう。

人生の中で引っ越しをするのは大なり小なり、仕事の転勤による引っ越し、進学による引っ越しなど人生の節目になる時だと思います。
新しい土地、職場、人間関係など不安はつきものですが、新しい他人との出会いや、新たな自分を発見するきっかけにもなるチャンスと捉えれば、
その後の人生において大きなプラスになってくるはずです。

そんな引っ越しのとき、意外に大切なのが、ご近所への挨拶です。
一軒家に引っ越すときはもちろんのこと、集合住宅に引っ越す際も、同じ階の世帯全部とは言いませんが、
せめて隣や向かいの住人には挨拶(できれば粗品を準備して、もちろん安いもので構わないです)をしたいものです。

そうやって顔見知りになることで、災害の時はもちろん、朝のゴミ出しが一緒になったり、
出かけるときや帰宅時にばったり会うときにちょっとした挨拶や世間話をすることが、あなたの心をあたたかくしてくれるものになるでしょう。
ただでさえ単身の方は孤独感を感じる事が多いですから、それが心のちょっとした灯火になり、心の余裕になっていくものだと思います。

水道、ガス、電気などの引越し手続き

12月 12th, 2014  / Author: gomahikkoshi034

私は、これまで6回程引っ越しを経験してます。初めての引っ越しは、実家から出る際です。
このときは、荷物が少なかったので自分で対応しました。

2回目の引っ越しですが、佐賀県鳥栖市に転勤が決まり、こちらは業者を使いました。
業者を何社か相見積もりさせて、一番安いアーク引越センターに決めました。
業者を選ぶ際は、必ず相見積もりをすうのと、知り合いで引っ越しを経験された方が入れば口コミを参考にされると良いと思います。

3回目は、同じ鳥栖市内で、とある個人的な理由で引っ越しする事になり、この際もアーク引越センターを利用しました。
安くて早いです。神戸から鳥栖まで11万(会社の経費ですが)しないであれば4万程だったと思います。

4回目は、神戸に帰る際もアーク引越センターを利用しました。価格は、10万程でした。
5回目と6回目は、神戸市内ですがエアコン取り付け、取り外しの料金が入り5万から6万程でした。
全て、アーク引越センターでお願いしましたので、それなりに値引きしてもらいました。
私の場合、一人暮らしの割に少し荷物が多いので、荷造りと荷解きが大変でした。

その反省も踏まえ、今現在荷物をあまり持たないようにしてます。
食器、調理器具、家電等必要最低限の物だけを持つようにしてます。
荷物が少ないと本当に引っ越し楽です。電気、ガスもネットで転居手続き済まして下さい。住民票、免許証は、面倒くさいです。

また水道光熱をいつまで契約するかということですが、
だいたい、家賃は月ごとなので、月の途中に引っ越しをして住まなくなっても、その月の家賃は全額支払います。
入居時は日割り計算をしますが、退去時はそういったことはありませんでした。

私は、立会日に備品の確認をするので、その日に電気と水道の解約をすればよいと思っていました。
しかし、管理業者からは、ハウスクリーニングが入るので、解約はそれが終わってからにしてほしい、と言われました。
そこで、急きょ、解約の連絡を入れていた電力会社に解約の解除の連絡をしました。
電力会社の人も不思議そうな感じでした。

そこで、ハウスクリーニングの日まで、私が電気や水道の費用の負担しなければいけないの?という疑問がわいてきました。
ハウスクリーニングの人が使う電気代や、水道料金も借りていた人が負担しなければならないのか、と思いました。

その後、管理業者から何の連絡もなかったので、私は月末で電気と水道を解約しました。
今までは、あまりここまで考えたことはありませんでした。

しかし、よく考えてみると、これはどういうことなのだろう?とも思いました。
もし、ハウスクリーニングが、翌月以降になったら、その時にかかった電気と水道は誰が負担するのかとか、
余計なお世話かもしれませんが、考えてしまいました。

大型荷物や家電の処理

12月 12th, 2014  / Author: gomahikkoshi034

これまで数回の引越しを経験していますが、中でも一番大変だったのは、子供が産まれたあとの家族での引越しです。
当時2DKの賃貸物件に住んでいて、そこからの転居でした。
引越しを決めてから実際の転出日まで2-3ヶ月ほど準備期間がありましたが、結局本腰を入れて準備し始めたのは1ヶ月前からでした。

初めての子育て中で部屋の中はぐちゃぐちゃ。
掃除もまともに出来ていないのに、荷物をまとめなくてはならず、寝る時間を削っての荷造りでした。

子供に関するものは捨てる捨てないの判断ができず基本的に全て持って行くことにしました。
大人の分はせっかくの機会なので捨てるものをピックアップしたかったのですが、
夜中にちょくちょく起きる赤ちゃんだったので、荷造りも中断しがち。
結局、大人ものも全て箱詰めしていって、転居先で取捨選択をしようという結論に達しました。

そうして無事、引越しの日を迎えたわけですが、ひとつだけ捨てれば良かったと思ったものがあります。
大人用の畳ベッドです。買うと結構するし、置く部屋もあるから捨てるのは勿体ないと運び込んだのですが、
転居後5年、いまだ使われずに場所だけとっています。
今からだと捨てるにもお金がかかるので、これだけがこの引越しで後悔していることです。

引っ越し先は同一県内でしたので、父がベッドや寝具、衣類などを軽トラックで運んでくれて、
電化製品はその後少しづつ買い揃えました。
その後も引っ越しの度に父が荷物を運んでくれていました。
私はいわゆる引っ越し貧乏で、これまでにかなり引っ越しを繰り返しています。

海外居住も含めれば、20回以上になると思います。
引っ越し先ではいつもワクワクした気持ちで新しい生活が始まりますが、やはり、引っ越しの前が大変でした。
引っ越しを繰り返していた為に、次の引っ越しが頭に浮かんで、大きな家具を買う事をためらうようになりました。
もちろん生活必需品は買いましたが…。

これまでで一番の良い思い出と言えば、遠距離の引っ越しをする時に、
リサイクル屋さんに部屋の中のほとんどのものを引き取ってもらった時です。
部屋の中で一つ一つにテキパキと値段を決めてくれて数万円ほど予期せぬ臨時収入に大喜びしたのを覚えています。
しかも不要なものも、無料でですが引き取ってもらえて引っ越しが楽にすんで夢の様でした。

しかし、最近ではリサイクル電化法で厳しい罰則があるので、
年数の新しくない電化製品や大型家具などは引き取ってもらう為にこちらがお金を払わなくてはいけない様です。
私の最悪な引っ越しの思い出と言えば、
リサイクルショップに引き取りにきてもらった冷蔵庫が製造年月を5年過ぎている為にリサイクル処理法に基づいて、
私が1万円を支払って冷蔵庫を持って行ってもらいました。その事を知らずに、
リサイクル屋さんに引っ越しの前日に来てもらったため、他にどうする事も出来なかったのです。

しかも、大切に使っていたのでまだピカピカだったで、ほろ苦い体験でした。
引っ越しの際には、ネットの掲示板や知り合いなどを通じて、もらってくれる人をまず早めに探すと言う事も大切だと感じました。
そうすると、あげる側ももらう側もハッピーだと思います。

引越しの意味

12月 12th, 2014  / Author: gomahikkoshi034

今までに計5回、引っ越しをした事があります。

5回の内、1回は引っ越し業者に依頼せずに、自分自身で引っ越しをしましたが、
その他の4回は、全て違う引っ越し業者へ依頼しました。

引っ越し業者に依頼せずに、自分自身で引っ越しをしたのは大学入学時に初めて一人暮らしを始める時でした。
業者を依頼せずに引っ越しが出来たのは、荷物が少なかった事と、親が手伝ってくれたからでした。
ただし、2回目以降の引っ越しになると、荷物も増えていて、親の協力が得られない地域でしたので、引っ越し業者へ依頼することになりました。

依頼した引っ越し業者は、全て自分で選んで決めました。
時間が無い中で、特に深く考えずに選んだ業者もあれば、何社か見積りを取って比べてから選んだ業者もあれば、引っ越し業者の総合サイトを使用して比べてから選んだ業者もあります。

実際には、テレビコマーシャルなども見た事が無くて、あまり知られていないような、引っ越し料金の安さに惹かれて依頼した引っ越し業者から、誰でもロゴも社名も良く知っているような大手の引っ越し業者まで、様々な業者へ依頼してきました。

そんな私の経験から言うと、やはり誰でも知っているような大手の引っ越し業者はサービスも良いと言うことです。
もちろん、料金は高めなので、少々単身者などは依頼しにくいと感じる事があるかもしれませんが、
後々の引っ越しトラブルの対応などを考えると、やはり安かろう悪かろうには手を出さない方が懸命だと思います。
あとは、時間があるのであれば、必ず複数の業者から見積りを出してもらう事をオススメします。
見積り見ながら検討して、更に価格交渉が可能な業者へ依頼するのも良い手です。
引っ越しをする時には、口コミなども必ずチェックして、トラブルになりそうな業者とは関わらないように気を付けて、
円滑に良いサービスを提供してくれる業者を見つける事が重要だと思います。

引越し」というと「住居の引越し」を思い浮かべることがほとんどだと思います。

住居の引越し(以下引越し)は、進学や結婚、そして人生最大の買い物と言われる新居の購入など、当人の人生における一種のターニングポイントで行われることが多く、またそれ相応の労力を必要なんです。

例えば、進学する際には、希望校への入学のために勉学に勤しみ、晴れて合格した暁には住居の契約から荷造り、結婚する際には、相手方の御両親への挨拶、自分の親への感謝、そして相手の人生を背負う覚悟、新居を購入した際は荷造りはもちろん、金銭的な負担を負うことになり、体だけでなく心にも負担がかかります。

しかし、マイナス面だけではなく、新天地や新生活への期待など何物にも代えられないものを得ることもできます。